Career style 1

赤池 翔太|大在工場 機装設計グループ 平成21年入社

エンジンの能力を最大限に活かす「プロペラ軸」の開発。「軸」のプロフェッショナルと言われたい。

私の入社動機

生まれ育った地元の大分でモノづくりをしたかった。

私は予てから世界をまたに掛ける仕事をしたいと思っていました。就職活動中に当社の工場見学会に参加し、何隻もの建造船の大きさに圧倒され、そして魅了されました。  私たちが造っている船は外航船です。つまり自分が設計した船が荷物を積み、世界中の港を旅する。ロマンがありませんか?そんな仕事に関わりたくて南日本造船への就職を希望しました。

軸は人間で言う所の脚。技術者の腕の見せ所。

現在は、船の中を通る配管の設計を担当しています。各規則やコスト、船主からの要望等を取り入れた図面を作製していますが、配管が図面通りに上手くいかないときは、現場で実物と比較し、問題点を反映させ対応しています。配管設計の技術者は多くの知識やノウハウ、センスを要求されるのが一般的で、未熟な私たちにとっては日々勉強です。単に機器同士を配管で繋ぐだけでなく、その過程で、流体仕様(流体性質や温度、圧力条件)・機器仕様・運転条件・腐食環境の考慮・レイアウトによる物理的規制・作業員の操作性・配管レイアウトの美観など、非常に煩雑な条件を総合的に考慮して設計しなければいけません。  船体の隅々まで配管を巡らせ、効率的・安全に船を動かしていく。やりがいのある仕事です。

世界初の「メタノール燃料船」のエンジンルームを担当。ビッグプロジェクトに携われる醍醐味。

 自分の担当した設計図通りに配管や機器配置が"ピシッ"と収まることが船装担当の設計者としての腕の見せ所ですから、現場の作業員に「この船はとても作業がやりやすかった」と言われることが最大の喜びです。私の担当する配管は、人間の体で言えば『血管』です。配管の途切れや詰まりは船舶の停止に直結します。社内外での勉強会や他社との技術交流を通じてスキルを身につけ、信頼される船装設計士になれるよう努力したいです。  現在、環境にやさしい次世代の船として注目されている「メタノール燃料船」を世界で初めて建造するビッグプロジェクトが進行中で、これまでとは違う配管材料等を使ったり、担当する甲板部関連の配管が複雑だったりと、未知の経験に四苦八苦しておりましたが、今年ようやく1隻目が竣工を迎えます。世界初の「メタノール燃料船」を作ったのは私だ!!という誇りを胸に、今後も新しい仕事に取り組んでいきたいです。

Private Time

趣味はバイクと車。

休日には雑誌等で特集されている話題のお店に、美味しいものを食べに行ったり、色々な体験をする事が多いです。また、会社の野球部にも所属しており練習や試合等で汗を流し、普段同じ仕事をしていない部員とも交流しています。

*

*

【ある日の仕事】

設計の外注先から出来上がってきた図面のチェックや自分で製図した図面の出図。設計外注先や各メーカー、協力会社の作業員との打ち合わせ。建造中の船舶での現場状況確認や、不具合のフィードバックなどの対応。設計部内での若手勉強会。

Column|造船のお仕事

1.船装設計とは

冒頭にも書いていますが、機関室以外の機器・装置(居住設備、係船装置、
荷役装置、 救命設備、消火設備等々)の配置及び機関以外の諸配管設備
の設計を行います。 非常に幅広い分野の設計作業を当社では少数精鋭の
人員で担当しています。